新幹線の中で思いついたこと

単身赴任の行き帰りに新幹線を利用、乗車中に思ったことを綴ります。

新幹線悲嘆

新幹線で悲しい事件が起きてしまいました。

 

1 無差別殺傷事件

 お亡くなりなられた方のご冥福をお祈りします。

 この度の無差別殺傷事件は、運行中の新幹線内で起きてしまい、安全運行で世界に名高い新幹線のサービス面の隅を突くような、なんとも言えない悲しい事件です。

 

 これで、新幹線の利便性が失われることがあってはならないと思います。安全面でのサービス向上にはもちろん努めなければならないですが、今回の事件は何より社会背景が生んだ事件であることをもっと真剣に考えたほうがいいと思います。それをしなければ、新幹線での安全性が向上したとしても別の公共の場で事件は起きると思います。

 

 また、報道の取上げ方法も、事件の起きたことを伝えるだけでいいのに、殺傷の様子を伝えたり、事件を起こした人間性を伝えたりして、かえって模倣犯を増やすようなことをしていないか心配になります。

 

 こうした事件では被害者となられた方への配慮も全く感じないこともあります。

 

 とにかく、こうした事件をみるといつも報道を見たくなくなります。

 

2 山陽新幹線人身事故

 自殺を図られた方に対しては同情のしようがありません。

 追い詰められて行動をとる心理を理解いたします。

 

 でも、一つ間違えば、列車の転覆を招き、他の乗客を巻き添えにしかねない危険な行動です。

 だからこそ、運転手の判断が遅れたことは、JR西日本にまたひとつ汚名が重ねられたこととなってしまいました。

 

 ひとつの例として、鉛筆を「ナイフ」で削ることを小学校で教えるべきです。

 

 唐突な意見ですが、幼少期の危険に関する意識間隔は「限度」を知ることです。それが殺人や自殺といった、命にかかわることを知らないうちに小さい怪我をして知るべきなのです。

 危険の意識が自殺する方にも、運転手の方にも全く抜けていて、いざという時の被害が大きくなってしまわないか心配です。

 

 

 

 

 

   

  

 

新幹線の駅がない県

    新幹線はいよいよ北海道に上陸しました。日本中どこでも新幹線で行けます、と言いたいところですが、残念ながら新幹線の駅がない県はあります🚄

    鉄道のない沖縄はもとより、全部で17県。そのうち一番早く開通しそうなのは、北陸新幹線の延伸で期待の高まる福井でしょうね🚄

 

    反対に将来的にも計画がなさそうで意外な県が、千葉と茨城🚈

 

    灯台元暗し、都会に近く新幹線の発想はこれからもないでしょう🌾

 

    ちなみに、新幹線はきても都道府県庁所在地に駅がないのは群馬、岐阜、滋賀、佐賀、そして北海道です😭

    北海道と佐賀はこれから可能性を感じます。ついでに長崎🙌。

    一方、群馬、岐阜、滋賀はなんとも言えません😑

 

    駅のないあとの県は考えてみて下さい🤔

新幹線の駅2️⃣

    新幹線の駅に「新」駅が多いことは述べましたが、まったく新しい駅名を使っているところもあります。こちらについても数えてみました🚅

 

    全部で15ほど。これらの他に、在来線共々新しく作られた駅もありそうですが、今回はもう深く詮索しないでおきます🚄

 

    新名新設駅のうち単独駅は、東北新幹線で4駅、白石蔵王くりこま高原水沢江刺七戸十和田です。あとは、山陽の東広島、上越北陸の黒部宇奈月温泉安中榛名上毛高原本庄早稲田です。いずれも車かバスのアクセスのみ🚙

 

   ここだけという駅は、ガーラ湯沢駅。スキー場に併設され、新幹線の本線からわざわざそれて、臨時終点駅として冬季のスキー客を迎えます🎿

 

    平成の市町村合併と同様、政治の背景を想像してしまう駅名もありそうですね😑

新幹線の駅 1️⃣

   新幹線の駅といえば、東京、名古屋、京都などと、主要な駅が揚げられますが、新幹線の速さを重視したがための駅配置を想像してしまいます。

   例えば、日本第二の都市、大阪でさえ、大阪駅に新幹線をもってこられなかった。ではどこに新幹線は向かうことになったのか?ご存知、新大阪駅であります。

   大阪同様に「新」の付く駅はいかほどあらんやというわけで、数えてみたら、なんと19ありました。なかでも山陽新幹線が7つ、九州5つでした。

   これら新駅は、在来線の駅に併設されることがほとんどですが、まったくの新駅は4駅。富士、尾道大牟田、玉名です。こちらの駅へのアクセスは車かバスです。微妙なのは山口。在来線の駅との距離が😑、もう少し一体感がもてるよう再開発しなかったのでしょうか?

   新神戸新岩国はJRではなく、地下鉄と3セクに併設されてかろうじて単独駅を免れています。

   誕生ホヤホヤは新函館北斗、在来線にも函館北斗駅はなかったはずでは・・・😌

   地域の期待を背負って生まれた新駅。地元民は使うだろうか?

 

 

新幹線の名前

新幹線の名前には速さをイメージしてつけられた名前が多く、ひかり、とか、はやぶさ、なんて名前からもたらされるイメージはいいものばかりです。

当たり前といえばそれまでですが、ただ速いだけでもいけなくて、専門的な言葉に速いものがあってもダメでしょうね。

ここはひとつ自分でも考えてみよう、ということで、いくつかあげてみた。

 

すいせい、ながれぼし、くまたか。

 

いくつか考えてみると自然現象と宇宙に関係する言葉のほかに、鳥の名前が多いんだなぁとあらためて気付かされました。

特急も含めて、はやぶさはくたか、らいちょう、しらさぎ、ほかにもありそうです。

こまち、おどりこ、なんてのはかわいらしい名前で速さは感じないですが、地域の特徴が出ていて、こういうのもありか。

いいイメージを浮かべるのは、言葉にはやはりタマシイが宿っているからなんでしょうか。

大事な命を運ぶ新幹線は言霊に守られている。

 

フリーペーパー

  今では当たり前になっている地方限定のフリーペーパー。クーポンやら協賛金などで無料を実現していますが、このフリーペーパーのはしりといいますか人気を誇っていたのは、飛行機に搭乗した際、前の座席の背に差し込んであったフリーペーパーだと勝手に想像してます。

  新幹線もそれこそ70年代頃にはそもそも冊子がなくて、その後はご自由にと時代を経ているかと思いますが、どうでしょうか。

f:id:ymoribito:20160905183214j:image

  やっぱり今日の列車にも九月号が置かれていて、持ち帰りは自由である。暇つぶしに読もうにも、スマホなど情報を選ぶ時代に、興味が湧くか否か?

  こういうアナログは残してほしい気もするけど、そのうちなくなってしまうのかしら。

ホームドア

ホームから転落する事故を防止するためにホームドアの設置が進められています。大変いいことですねですね👷。

それならばホームドアの開けるタイミングはどうかというと、私のよく利用するA駅では列車が止まる前から開け始めています。一方、T駅では列車が完全に停車してからホームドアを開けてました。些細なことですが、安全性は後者の方が上ですね😑

ともかく、ホームドアは安全である。

 

ちなみにA駅のホームドアには地元の名物がデザインされてました。f:id:ymoribito:20160902165639j:image

他の駅も見てみよう👀