新幹線の中で思いついたこと

単身赴任の行き帰りに新幹線を利用、乗車中に思ったことを綴ります。

車窓の名山ー1

新幹線は北海道から鹿児島まで運行していますので、あらためて車窓から拝められる名山を挙げてみましょう。

 

なんといっても、東海道新幹線からの富士山🗻がナンバーワンだと思います。

 

こればかりは他の追随を許さない圧倒的な支持があろうかとか推察しますがいかがでしょうか?

 

この富士山ですが、なんと上越新幹線及び北陸新幹線でも見られます。

 

大宮駅を過ぎて、熊谷までの間で遠く南西の方向に(高崎方向に乗車している方は左手の窓から少しだけ後ろを見ると見つけられるでしょうか)その存在感を十分に発揮しています。

 

富士山だけでも、ここがいいとか、あそこからがいいとか、色々意見が出そうですね。

 

私は今から四十年前に初めて見たときのことが忘れられません。

 

富士市の辺りを通過していると、同乗していた祖母が、富士山が見えると教えてもらい見上げたところ、想像していたよりもはるかに高く聳えていたのです。

 

この感覚は東海道新幹線に乗るたびに、いつも訪れる不思議で、そして誇らしい感覚です。

 

富士は日本一の山であると嬉しく思います🗻