読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線の中で思いついたこと

単身赴任の行き帰りに新幹線を利用、乗車中に思ったことを綴ります。

アナウンスのかぶせ

駅がうるさい。

日本ブームもあってか、海外の観光客のために外国語でのアナウンスが駅構内に流れてきます。それはそれでいいことなのでしょうが、自動でアナウンスが流れたあとに、駅員さんがご丁寧に同じ内容のことを繰り返します。ひどいものになると、自動アナウンスにかぶせて話すものだから、何を言ってるのか全くわからないこともあります。

頼むからもう少し静かにできないの。

 

 

おばちゃん談議

前の席におばちゃん3人組が座っていた。東京へ帰る道中とみられる。はじめは人間関係の話で「あの人はねぇ」などと憤慨していたが、浅草のあそこの餡がどうのこうのとすぐに話題は変更してひとり熱弁してました。受け答えるおばちゃんと軽くあしらうおばちゃんときちんと三者三様で聞いていて愉快だった。おかげでこちらは読書ができなかったが、最近は車内もひとりスマホが大勢を占めていて、人間味を感じてしまいました。

リニアは必要か

   のぞみに久しぶりに乗りました。昼間はほぼ5分間隔で運行されてますので、乗り遅れるという心配はありません。運行当初は全席指定でしたが、その後自由席車両も設けられてます。

f:id:ymoribito:20160812192229j:image

   今回は指定席を取りました。お盆前で込み込みかと思いきや、三人掛けの窓側の席ただ一人で、ゆったりと名古屋から東京まで行けました。帰省とUターンのタイミングが良かったのでしょうけど、これでもまだ将来需要が増え続けるのか分かりませんね。

   リニアを走らせようと工事が始まったわけですけれども、この新幹線以上のパフォーマンスが今の日本に必要でしょうか?

   時間短縮にしては、予想されている深地下の駅まで、移動する時間がかかりそうで、近未来よりも短縮時間に対する開発•建設費用の無駄を感じます。

   技術開発にしても、グローバル時代に海外で初物を謳って売り込んだ方が受注がありそうで、国も企業も儲かるのではと思います。

   自動化による運転手の削減については、これだけの本数を走らせているのだから、ITでもってディープラーニングできるはずです。新幹線の自動化も可能でしょう。

   さきの戦中、国威発揚による大和建造をした時と思考が変わらないんじゃないかと感じてしまうリニアははたして必要なのでしょうか。山をくり抜き自然破壊をするよりも、大陸の広々とした場所に建設したほうがいいと思います。

   もっとも、リニアの技術開発はこれからも図られるべきではあると思いますが。   

集団護送列車

Maxに乗りました。

いやはや図体のでかい列車です。この型が出た時は二階に乗ってみたいなぁと、子どものように心がはやりました。しかし、落ちついてみるとなんとも無駄が多い列車に見えてくるのです。車内販売のカートはいちいちカート用のエレベーターで上げ下げしなくちゃならないし、車掌さんも行き来が大変そうです。

日本が成長期のまま人口増加し続ければそれなりに価値のある車体でしょうけどねー。今後は消え去る運命でしょうけど、人を物のようにたくさん運ぶ発想から生まれたバブルな乗り物ですかね。あまり乗りたくないなと思いました。

 

 

シートサイズがあったらいいのに

今日の乗車で二列シートの窓側席に座ったのだが、既に通路側に座っていた方がこれまたサイズの大きな方で、乗り換え駅までの間、窮屈な思いをしました。通路側の方も私とは違った感覚で窮屈さを感じていることと思いました。

シートサイズが選べたらいいと思ってしまいました。

グランクラスは決してLサイズではないし、服と同様にサイズ選択が必要な人もいるなぁと憤慨した週末でした。

新幹線考

新幹線は速い。
   車で移動することを考えたら、そのパフォーマンスは絶対高い。それを安さだけで、車での移動を選択してしまうことが多いのですが、今年の四月から週末の帰宅に新幹線を利用するようになって、その価値に改めて気づいたのでした。
速いことで得られるもの、時間です。しかも乗車中は運転しなくていいから、勉強、読書、睡眠など他の楽しみやスキルアップのために使えますよね。
すでに新幹線を利用している人に言わせれば当たり前ですか。今更気づかされてます。